ゆるっとお花見新宿御苑

Twitterで募集していた3/31のゆるっとお花見オフ、お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました。
一番ゆるゆるで緩すぎた主催でしたが、みなさまのおかげでとても楽しい時間を過ごせました。
また機会がありましたら、ゆるっとオフをさせてください。

お顔を隠しての掲載許可をいただいたので、記事に書きます。

散りかけの桜

しゃぼん玉で遊ぶ母子(Nikon D5500)

今年の満開は予想よりずっと早かった。
予定の段階ではちょうど満開の時期かなと思っていたのに、散りかけの時期に。
けれども、風が吹くたびにたくさんの花びらが空を舞って、夢のような景色をみられた。
園内は人が多く、花が多く残る桜には人だかりができていたけれど、レジャーシートを敷いた木陰から見た桜は十分に綺麗だった。
(園内どころか、新宿駅から向かう人の流れがすごかった。とは言え、御苑自体が広いので、場所取りはすんなり。桜の下は流石に混んでいたけれど)

遊ぶ子ども達

しゃぼん玉に集まる子どもたち(Nikon D5500)

しゃぼん玉と子ども達(Nikon D5500)

しゃぼん玉を吹くShico(Nikon D5500)

シャボン玉と男の子(Nikon D5500)

いつものようにシャボン玉を持って行き、子どもたちと遊ぶ。
すごく喜んでくれたのはよかったけど、少し取り合いに。
それでも子どもたちが一緒に遊んでいる様子を見るのは、微笑ましい光景だった。
友達と過ごすのっていいなぁ、今日来てよかったなぁと思えた時間。

写真を撮る女の子(Nikon D5500)

スマホでカメラマンしてるのかわいいななんて思っていたら、子どもたちにカメラを奪われ…。
何やら面白い写真がいっぱい残った。
この日はMFのレンズで子どもが撮ると全然まともには写らないのがもったいなかった。
自分が撮るのも楽しいけれど、子どもが撮った写真にも色々な発見や楽しさがある。

枝を集めるShico(Nikon D5500)

枝を持つ男の子(Nikon D5500)

母と走る子(Nikon D5500)

枝で電車ごっこ(Nikon D5500)

どこでも、なんでも、自由な発想で遊び出す子どもたち。
拾い集めた木の枝はレールになったり、魔法の杖になったり、積み木になったり。
ちょっと離れたところに走って行っても、友達と一緒なら大丈夫!みたいな顔をして、なんとなく成長を感じたり。
子どもの自由さは本当にすごい。
たまに見習いたいなぁと思うことも。
またみんなで一緒に楽しい時間をすごそうね。

赤ちゃんを撫でる(Nikon D5500)

子を抱く母(Nikon D5500)